おしらせ

研修会の講師を務めました

当事務所所属弁護士本間久雄が、令和元年8月26日、大阪弁護士会主催の研修会「墓地管理者の視点から見る墓地・祭祀承継者を巡る法律問題」の講師を務めました。

当事務所では、仏教会・宗務所・大規模寺院・司法書士会等で研修会実施の実績があります。研修会講師のご用命があれば、適宜対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

書評が掲載されました

当事務所所属弁護士本間久雄が執筆した「判例に見る宗教法人の法律問題」の書評が仏教タイムズ令和元年7月11日(第2814号)に掲載されました。

著者が新聞に紹介されました

当事務所所属弁護士本間久雄が共著者となっている宗教法人実務研究会編「宗教法人実務書式集」(民事法研究会)が、中外日報2019年6月21日号の書評欄に紹介されました。

宗教法人向け総合書式集を発刊します

当事務所所属弁護士本間久雄が共著者の一人となっている「宗教法人実務書式集」(宗教法人実務研究会編)が民事法研究会から4月下旬頃刊行されます。

会社向けの書式集は多数刊行されていますが、宗教法人向けの総合書式集は本邦初です。本書では、宗教法人にとって必要な法分野の書式がひととおり掲載されています。本書が日本の宗教法人のコンプライアンス向上の一助となれば、共著者の一人としてこれ以上の喜びはありません。

勾留に対する準抗告が認容されました

当事務所所属弁護士本間久雄が暴行罪で勾留されていた依頼者について、勾留に対する準抗告を申し立てたところ、認容され、依頼者は釈放され無事に家族の元に戻りました。